【30代向け】転職エージェントのおすすめと使い倒す方法、徹底解説!

転職エージェント おすすめ 30代 転職エージェント・サイト
転職活動に興味津々(30代)
転職活動に興味津々(30代)

気づけばもう30代なので…転職に絶対失敗したくありません!おすすめの転職エージェントを教えてほしいです。

また、エージェントを使いこなすポイントもあれば知りたいですね。

「転職エージェント」を始めとした便利なサービスを活用し、30代で未経験職種への転職に成功した私がお伝えします。

記事の内容
  • 30代に転職エージェントが必須な理由
  • 転職エージェントを120%使いこなす方法
  • 30代に本当におすすめできる転職エージェント
  • 30代に本当におすすめできる便利なサイト・サービス

>>おすすめ転職エージェントをクリックで確認してみる

30代からは転職エージェントを活用することが、もはや必須。

なぜなら、ハローワークや求人情報サイトだけでは自分に合った職場を見つけるのが困難だから。

30代は、20代の転職と比べ選考通過率が低く「自己流の転職対策」はほぼ通用しません。
転職のプロからのサポートを受け、成功率・応募効率を上げていく必要があります。

記事を書いている私も、転職エージェント(と転職サイト)をフル活用し、無職から約1カ月半で正社員転職に成功しました。(当時33歳)

ゆう
ゆう

正直な話、転職エージェントがなかったら今の私はいないよ!

とはいえ、転職エージェントを適当に使うだけではうまくいきません。

転職エージェントを便利に使い倒すコツも、実体験ベースでイメージしやすくお伝えします。

ピリカさん
ピリカさん

最後まで読んでいただくと…

あなたの「理想の職場」に出会える確率が高まり、生活に困らず楽しく過ごせるようになるかもしれません。

これからお伝えする情報を役立てていただけると嬉しいです。

\無料で使える!30代・転職活動の強い味方/
  1. 30代の転職に「転職エージェントが必須」な理由
    1. 企業の選択肢が初めから狭まっている
    2. 使える時間が少ない+体力的にきつい
    3. 失敗したときのやり直しが非常に難しい
  2. 転職エージェントは「選び方」より「使い方」が重要!
    1. 転職エージェントとは【サービス内容についてさらっと確認】
      1. 転職エージェントと転職サイトの違い
      2. 余談:転職エージェントはなぜ無料で使えるの?【収益モデルと闇】
  3. おすすめ転職エージェント【ほとんどの30代におすすめ】
    1. リクルートエージェント【業界No.1の総合エージェント】
    2. doda(デューダ)【どんな転職スタイルにも対応可能!】
  4. おすすめ転職サイト・サービス【ハマる人にはとことんハマる】
    1. リクナビNEXT【併用におすすめ転職サイト】
      1. 補足:転職エージェントと転職サイト 併用すべき理由
    2. DYM就職【職歴に自信がないor全くない方向けエージェント】
    3. POSIWILL CAREER【絶対に失敗したくないあなたへ(有料サービス)】
  5. 転職エージェントを120%使いこなす方法・5選
    1. 最初は複数社登録する(2~3社ほど)
    2. 初回の面談を大切に
    3. 「今すぐ転職できる」と伝え、転職への意思をアピール
    4. 担当者とこまめにコミュニケーションを取る
    5. 紹介された求人は自分でも調べる
  6. 30代の転職は転職エージェントを使い倒して効率的に:まとめ

30代の転職に「転職エージェントが必須」な理由

転職エージェント 必要 30代

冒頭でもお伝えしましたが、30代の転職活動に転職エージェントの活用は必須です。

理由は、30代には転職が比較的容易な20代とは違った悩みがあるから。

  • 企業の選択肢が初めから狭まっている
  • 使える時間が少ない+体力的にきつい
  • 失敗したときのやり直しが非常に難しい
ゆう
ゆう

大きく3つに分かれるけど、どれもかなり切実だね…。

詳しく解説していきます。

企業の選択肢が初めから狭まっている

企業の採用情報や求人票などに目を通してみると、こんな文言に見覚えありませんか?

  • キャリア形成の観点から「35歳まで」とさせていただいています

中途採用時に「年齢制限」を設けている企業は意外と多く、求人応募の入り口は20代よりもかなり狭いです。

ゆう
ゆう

私も転職活動中「これは最高の条件だ!給与も申し分なし!!」と思って手に取った求人票に

『 3 0 歳 ま で 』

と書かれていた時はコ〇メ太夫ばりに「チックショー!!」と叫びかけたことをよく覚えています(笑)

※当時の私は33歳 

自分ひとりで求人票とにらめっこしていると、年齢制限の罠に面白いくらいにかかるんですよね…。

そのため、転職エージェントから「年齢制限をクリアしている求人」のみ紹介してもらうようにできれば心配はなくなります。

使える時間が少ない+体力的にきつい

30代は20代よりも使える時間が少ないうえに、体力的にもきつくなってきます。

ピリカさん
ピリカさん

これは誰にもどうしようもできない現実問題ですね…。

30代が体力的にきつくなるのはシンプルに加齢が原因ですが、なぜ使える時間が少なくなるのか。
こんな理由があるからです。

  • 結婚して家庭がある場合、配偶者やお子様との時間も取る必要がある
  • ある程度の役職に就いているケース方は、マネジメントにも追われる
  • などなど…

一般的に転職活動は時間のかかるもので、上手くいかないことも多く心身ともに疲弊しがち。

私も転職活動していた時は、求人に応募すれば書類選考落ち…運よく面接まで行けてもお祈りの連続で…
なかなか内定がもらえず疲れていた時期もありました。

ゆう
ゆう

100社以上応募して面接まで行けたのは片手で数えられるレベルだったね。

30代の転職活動の厳しさを実感させられました…。

それでも転職活動を諦めず、今の職場に出会えたのは転職エージェントの存在があったから。

面倒な「転職書類の準備」や「企業との選考日程の調整」を代行してくれたり、選考対策を手伝ってくれたりで効率よく転職活動を進められました。

使える時間が短い30代の転職はスピードが命。
転職エージェントをうまく活用して効率よくいきましょう。

失敗したときのやり直しが非常に難しい

「転職35歳限界説」という言葉は聞いたことあるかと思いますが、30代の転職は20代と比べて途端に厳しくなります。

そのため、30代からの転職では『絶対に成功させる気持ち』で全力で挑まなければなりません。

ピリカさん
ピリカさん

全力で『自分の条件に合う職種、企業を探す』『選考対策を行う』『面接に臨む』必要があります。

これは私の失敗談なんですが、32歳で最初の会社を辞めるために急いで転職活動を行い…

「自分の適性に全くハマらない職種しかない会社」に入社してしまったばかりに、たった一年半での退職を余儀なくされました。

転職に失敗して早期退職してしまうと、経歴としてはマイナスとなり再転職も困難に。

少しでも転職に失敗する確率を下げるためには、転職エージェントを活用することが必須といえます。

ゆう
ゆう

以上が30代の転職活動に「転職エージェントが必須」な理由です!

30代の転職には『無駄な時間を一切かけられません』

だからといって急いで無理矢理「自分に合わない仕事」や「ブラック企業」に就いてしまい、結局一か月前後で退職~…なんてことになったら最悪です。

そのため『転職で叶えたい希望』『避けたい状況』『やりたいこと』などをしっかり見据えた上で

プロの力を借りて、効率的にたくさんの企業に応募し続けていく必要があります!

\さぁ、転職活動を始めよう/

転職エージェントは「選び方」より「使い方」が重要!

転職エージェント 使い方 選び方

大前提として覚えておいて欲しいのが、転職エージェントで重要なのは「選び方」ではなく「使い方」ということ。

適切な使い方がわからないままだと、どんな転職エージェントを選んでも上手くいきません。

ピリカさん
ピリカさん

正直な話、転職エージェントのサービス内容はどこを選んでも大差ありません。

「自分と相性が良い担当者に出会う」など、転職エージェントの使い方をしっかり身につければ…

どんな転職エージェントを使ったとしても必ず転職に成功します。

ゆう
ゆう

これから「転職エージェントを120%使いこなす方法」を

  • 誰でもすぐにできる
  • 実体験ベースでイメージしやすく

解説したうえで、おすすめの転職エージェントも紹介するよ!

転職エージェントとは【サービス内容についてさらっと確認】

窓口での話し合い

詳しくお伝えする前に、転職エージェントのサービスについて改めて確認しましょう。

  • ユーザー(求職者)に担当キャリアアドバイザーがつく
  • 担当から自分に合った求人を紹介してくれる
  • 内定を勝ち取るためのサポートをしてくれる

求職者の希望職種や業界、悩み、現状などをヒアリングした上で、希望に合った求人を紹介してくれます。

更に応募した企業から内定をいただくための選考対策(書類添削・面接対策)をしてくれるので、一人で転職活動をするより成功率アップ!

ピリカさん
ピリカさん

プロの目線で自分に合った求人を紹介してくれるので、自分では気づかないようなところから良い求人が見つかることもよくあります。

転職エージェントと転職サイトの違い

転職エージェント 転職サイト 違い

転職エージェントと転職サイト(求人サイト)の違いをまとめました。

転職エージェント転職サイト
転職ペース
担当者と打ち合わせをしながら進めていく
効率よく転職活動したい人向け

自分の判断で進めていく
マイペースに転職活動したい人向け
選択肢
サイトに載っていない「非公開求人」にもアクセス可能
多いところで10万件以上の求人数
選択肢はかなり広い

サイトに公開されている求人から選べる
多いところで5万件以上の求人数
選択肢はやや広い
企業との調整
担当者が応募処理、面接日程調整、給与交渉
入社時期まで全て調整を行ってくれる

全て自分で調整する必要あり
転職成功率
面接対策、企業への推薦など行ってくれることも多く
選考通過・内定率は高い

企業研究、面接対策から全て
自分で行う必要あり、成功率は高くない
アドバイス
転職軸、自己分析への相談も対応してくれる
自分の正確な市場価値も見てもらえることができる

転職ノウハウも自分で勉強する必要あり
サイト内のツールは使えるが、機械的
面接対策
企業ごとの想定質問を教えてくれたり、模擬面接も対応
面接通過しやすくなり、内定率UP!

自分ひとりで面接対策をするため
客観的な意見がもらえない
情報収集
担当者を通じて企業の内部情報なども入手可能

求人票に書かれた情報のみ入手可能

転職サイトのみの場合だと日程調整や選考対策など全て自分で行う必要がありますが

転職エージェントは担当キャリアアドバイザーが全て代行してくれます。

ゆう
ゆう

ユーザー(求職者)は転職活動の中の以下3点のみに集中するだけでOK!

  • 自分に合った求人を選ぶ
  • 選考対策
  • 面接

転職エージェントを活用することで、効率的な転職活動が実現できます。

余談:転職エージェントはなぜ無料で使えるの?【収益モデルと闇】

多くの転職エージェントはユーザー(求職者)は無料で使えるのですが、理由があります。

転職エージェントは企業と提携を結んでいるため「企業が顧客」です。

企業に「条件を満たした求職者」を紹介して、入社させることで転職エージェントに紹介料が入るようになっています。

ピリカさん
ピリカさん

あまり良くない表現をすると、転職エージェントにとっては『求職者=商品』とも言い換えられます。

そのため、提携している企業が求める人材を積極的に紹介したい気持ちは少なからずありそうですね…。

転職エージェントが得られる紹介料の目安

『入社後の年収の約30~35%』

ちなみに多くの転職エージェントは成功報酬型。
そのため『求職者満足<収益効率』を重視する残念なキャリアアドバイザーも存在します。

どこの転職エージェントでも例外はありません。

繰り返すようですが、ユーザー(求職者)は転職エージェントをどれだけ利用してもほとんどお金はかかりません。

応募書類の添削や面接対策はもちろん、自分が心の底から転職活動を任せられるアドバイザーに出会うために『担当者変更』『他社転職エージェントへの乗り換え・併用』も積極的に行いたいものです。

ゆう
ゆう

「自分にとって心強い転職サポーター」を探そうね!

おすすめ転職エージェント【ほとんどの30代におすすめ】

おすすめ 転職エージェント 30代

ここからが本題です。

ほとんどの30代におすすめできる転職エージェントはこの2つ。

リクルートエージェント』『doda』はどちらも様々な業界・職種の求人を幅広く揃えており、転職活動を始めるにあたって一番最初に登録しておきたい転職エージェントです。

というのも、30代が転職エージェントを使う上で一番大切にしたいポイントは3つありまして…

  • 取り扱い求人数の多さ
  • キャリアアドバイザーの質と人数
  • 自分でも求人が探しやすいかどうか

この3つのポイントをおさえている+私が実際に使った(調べた)上で全力でおすすめできるから。

ゆう
ゆう

この2つをおさえておけば、とりあえず自分がやりたい業界・職種がある職場が見つかるよ!

ポイントを整理しながら解説していきます。

リクルートエージェント【業界No.1の総合エージェント】

リクルートエージェント 30代 おすすめ
引用元:リクルートエージェント

求人数

評価 :5/5。

公開・非公開求人数
業界トップクラス

キャリアアドバイザー

評価 :3.5/5。

当たりはずれが正直あるが
在籍している人数も多く
担当者変更も可能

求人検索のしやすさ

評価 :4.5/5。

「Parsonal Desktop」アプリが使いやすい
紹介を待たず自分でも応募OK

  • 転職成功実績No.1!
  • 公開・非公開求人数合わせて約20万件!圧倒的な求人数
  • リクルート独自の企業研究レポート「Agent Report」が便利
  • 独自アプリ「Parsonal Desktop」で自分でも非公開求人に応募可
  • キャリアアドバイザーの在籍人数も多く、担当者変更もOK

迷ったらまずはリクルートエージェント!

リクルートエージェントは「リクルート株式会社」が運営する業界最大手の転職エージェント。

ゆう
ゆう

実際にリクルートエージェントを活用した私の意見は

「今すぐ転職したい30代は全員使うべき!」

30代の転職は20代と違い、応募できる求人がぐっと減り難易度が跳ね上がります。

転職活動の効率を高めるためには、求人数が多い転職エージェントで選択肢を広げることが手っ取り早いですよね。

そんな時に役立つのが「掲載求人数No.1」のリクルートエージェント

正直、悪い口コミもいくつかあります。

しかし…実際は担当者の相性によるところが大きくあまりあてになりませんし、口コミに惑わされて転職の選択肢をわざわざ狭める必要はないですよね。

30代の転職活動で一番最初に登録するべき転職エージェントといえます。

\無料登録はこちら!30代の転職活動のお供に/

>>『リクルートエージェントは評判最悪?【元ユーザーの体験談付きレビュー】』

doda(デューダ)【どんな転職スタイルにも対応可能!】

doda 30代 おすすめ
引用元:doda

求人数

評価 :4/5。

掲載求人数・業界第二位

キャリアアドバイザー

評価 :4.5/5。

転職サポートの質は高め
ユーザー満足度はNo.1

求人検索のしやすさ

評価 :5/5。

転職サイトとしての機能も便利

  • 転職サポートの質が高いと高評価
  • 求人数は公開・非公開求人数合わせて約10万件超
  • 「レジュメビルダー」で職務経歴書がすぐに書ける
  • 転職エージェント・転職サイト両方の機能を持っている
  • スカウト機能や実際に企業の人に会えるリアルイベントも充実

様々な転職スタイルに対応可能!

ゆう
ゆう

徹底的に調べた私の意見は

「転職エージェントとしてはもちろん転職サイトの機能も使えるので、忙しい30代の方に特に役に立つよ!」

「独身」「家庭がある」「責任のある職務に就いている」「在職中じゃないと転職活動できない」などなど…

30代にはいろいろな状況があります。

  • 担当者のサポートを受けながら進めていく転職エージェント
  • 求人を自分で選び応募する、自分のペースで進めていく転職サイト

上記2つの機能を兼ね備えたdodaに登録しておけば「その時の状況に合わせた無理・無駄のない転職活動」が実現可能。

「転職フェア」など、企業の人に出会えるリアルイベントも充実。
自発的に転職活動をバリバリ進めていきたい30代の方には特におすすめできますね。

悪い口コミもゼロではありませんが、やはり担当者との相性が原因なことがほとんど。

転職活動の選択肢を少しでも広げ、成功率を高めるために!是非活用したい転職エージェントです。

\無料登録で積極的な転職活動を始める/

>>『dodaの評判やサービス内容【30代で転職した私が徹底レビュー!】』

おすすめ転職サイト・サービス【ハマる人にはとことんハマる】

おすすめ 転職エージェント 特定職種

『あまり多くの方には当てはまらないかもしれませんが、必要な人にとっては本当に便利な転職エージェント・転職サービスを紹介します。

当てはまる人にはおすすめ 転職エージェント・サービス
  • リクナビNEXT|転職サイトなら一択!求人数・探しやすさ◎
  • DYM就職|完全無職・正社員職歴ゼロでもOK(35歳まで)
  • POSIWILL CAREER|自己分析・選考対策に超特化で転職成功へ

私が実際に愛用していたサービス~徹底的に調べた結果「これは良い!」と感じたサービスのみに絞りました。

ゆう
ゆう

私が実際に使って「内定に結びついた」サービスもあるよ!

それぞれ詳しく解説していきます。

リクナビNEXT【併用におすすめ転職サイト】

リクナビNEXT おすすめ
引用元:リクナビNEXT
  • 転職サイトの中では掲載求人数が圧倒的に多い
  • 検索画面が非常に使いやすく、求人を探しやすい
  • 「スカウト機能」で面接確約の求人に出会えることも
  • 「グッドポイント診断」で自分の長所を知り、自己分析もOK
  • 様々な条件から細かく探せて、自分に合う求人を見つけやすい

転職エージェントとの併用に最適な転職サイト!

リクナビNEXTは、リクルートエージェントと同じ「株式会社リクルート」が運営する転職サイト(求人サイト)です。

ゆう
ゆう

実際に使って転職に成功した私が強く感じたことは…

  • とにかく求人が探しやすい
  • スカウトメールが嬉しかった
  • 書類選考の通過率が転職エージェントの求人より高め?※

(※個人の感想です。成功率を確約するものではありません)

30代・未経験職種の正社員希望となかなかに厳しい状況でしたが、リクナビNEXT経由で見事転職に成功!

ユーザーの私が感じたリクナビNEXTの最大の魅力は「様々な条件から求人を探しやすいこと」

リクナビNEXT おすすめ 30代
引用元:リクナビNEXT

「業界・職種」「経験の有無」や「勤務地」などで特集を組んでいたり

リクナビNEXT 検索画面
引用元:リクナビNEXT

「雇用形態」や「会社の規模(従業員数)」「年収」からの細かい検索も可能。

私は特にこの画面をめっちゃ使っていました。

ピリカさん
ピリカさん

掲載求人数の多さと探しやすさを両立した転職サイトと言えますね。

転職書類のテンプレや、コラムにも転職ノウハウがたくさん!グッドポイント診断で自己分析もOK。

今すぐ転職しない人でもノウハウを確認したり自己分析するだけでも有用な転職サイトです。

\無料で登録!転職エージェントと相性抜群/

>>『リクナビNEXTを30代女性が使ってみた感想と体験談【活用法も】』

補足:転職エージェントと転職サイト 併用すべき理由

転職エージェントを使う時は、転職サイト(求人サイト)と併用することをおすすめしています。

理由はこの3点。

  • 「アドバイザーからの紹介のみ」だと時間がかかることも
  • 転職エージェントから学んだ転職ノウハウは自分でも活用可能
  • 求人紹介+自分からも直接応募することで転職の効率最大化も

転職エージェントだけでは「アドバイザーの紹介ありき」で進めることになるので、希望する職種によってはなかなか進まないことも。

また転職エージェントでは求人紹介だけでなく、転職軸の整理、履歴書・職務経歴書の書き方や面接への考え方も学べます。

得られた転職へのノウハウ、知識は転職サイトやハローワークで自分ひとりで転職活動をする時にも有用。

担当者からの求人紹介を待っている間に自分でも応募し選考を進めることもでき、転職の効率がより上がります。

ゆう
ゆう

私も最初はエージェントとサイトの併用を始めてから選考通過率が上がったよ!

今の会社に出会ったきっかけは転職サイトだしね。

>>『転職エージェントと転職サイト・併用が最強だった!?【30代からの転職】』

DYM就職【職歴に自信がないor全くない方向けエージェント】

DYM就職 おすすめ 30代
引用元:DYM就職
  • 面接対策に特化した手厚い転職サポートが好評
  • ニート・フリーターなど職歴に自信がない人に特化
  • 転職成功率96%・離職率3%(公式サイトに記載あり)
  • 20代~30代前半に向けた求人が多い(利用は35歳までOK)
  • 書類選考免除!即面接に進める企業が約2,000社(非公開求人)

『無職・職歴に自信がない人』の駆け込み寺

DYM就職は通常の転職エージェント、転職サイトとはちょっと違います。

ゆう
ゆう

徹底的に調べた感想としては…30代の中でも

  • 正社員の職歴が一年未満
  • 今まで一度も働いたことがない
  • アルバイトや派遣の職歴しかない

こんな人にはおすすめできそうですが、それ以外の方にはちょっと物足りないと感じるかもしれません。

『非常に使う人を選ぶ転職エージェント』です。

使う前に自分が条件に合っているかどうかをよく確認しておきましょう。

また20~30代前半の方に向けた求人が多いため、30代は他エージェントやサイトと併用前提で使うようにしましょう。

\無料で「無職・職歴に自信がない人」も正社員に!/

>>『DYM就職の口コミは悪い?【30代転職経験者がズバッと解説】』

POSIWILL CAREER【絶対に失敗したくないあなたへ(有料サービス)】

  • 有料サービス(275,000円(税込み)~)
  • ポジウィルキャリア単独では求人を紹介されない
  • 転職エージェントよりも手厚いサポート体制が好評
  • 「本当に満足のいく転職が実現できた」と喜びの声多数
  • 自己分析・転職軸を固める・書類添削・面接対策に超特化
  • 初回は無料でキャリア相談受付中(~45分・Zoom面談)

通称『キャリアのライ●ップ』あなたの成功にコミットします。

POSIWILL CAREER(ポジウィルキャリア)はこれまでの転職エージェント・サイトとは一線を画した転職支援サービス。

『とにかく転職に絶対失敗したくない』あなたにおすすめ。

ゆう
ゆう

30代で転職活動を成功させた私が徹底的に調べた感想としては、

『転職の失敗はなるべく回避したい30代にとっては本当に頼りになる!』転職支援サービスだと強く感じました。

転職エージェントとの最大の違いは「有料」であること。

ユーザーからお金をいただく=徹底的にユーザーの悩みを解決+転職成功にコミットしたサービスが実現しています。

POSIWILL CAREERからは求人を紹介されないため、転職するためには「転職エージェントとの併用」を前提で考えます。

活用法としては…こんなイメージ。

  • POSIWILL CAREERで自己分析・転職軸を固める
  • 転職エージェント・サイトで求人を探す+応募する
  • 選考対策をPOSIWILL CAREERと転職エージェントで行う
  • 内定をいただくまで続ける

悪い口コミは「料金が高い」のみ。サービス内容は非常に好評で満足いく転職ができた人が続出!

初回の相談は無料なので、詳しく話を聴いてからサービス利用を考えるのも十分にありです。

\無料相談で『ポジウィル』の激烈・転職サポートを体感!/

詳細を知りたい方はこちら>>『POSIWILL CAREERの評判【30代で転職した私が語る】』

割安なキャリアコーチングサービス>>『きづく。転職相談の評判とは【30代で2回転職した私が徹底解説】』

転職エージェントを120%使いこなす方法・5選

転職エージェント 使いこなす

転職エージェントを120%使いこなす方法を5つのポイントにまとめました。

  • 最初は複数社登録する(2~3社ほど)
  • 初回の面談を大切に
  • 「今すぐ転職できる」と伝え、転職への意思をアピール
  • 担当者とこまめにコミュニケーションを取る
  • 紹介された求人は自分でも調べる
ゆう
ゆう

「30代ならでは」のポイントもあるので、しっかりおさえれば転職の成功率アップします!

最初は複数社登録する(2~3社ほど)

転職エージェント 登録

最初は転職エージェントを3~4社ほど(最低でも2社以上)登録します。

なぜなら転職エージェントで一番大切なのは「担当者との相性」だから。

相性がいい担当者が熱意を持って転職活動に向き合ってくれれば、正直どこの転職エージェントを選んでも転職はうまくいきます。

逆にこんな担当者に当たってしまったら…どんなに求人数や実績が多い転職エージェントを使ったとしてもうまくいきません。

  • 態度・素行が悪い
  • 学歴・職歴を全否定してくる
  • 的外れな求人ばかり紹介してくる
  • そもそも自分の利益しか考えてないことが明白
ゆう
ゆう

冒頭でお伝えしましたが、30代の転職活動では

  • 無駄な時間をかけない
  • 絶対に成功させる気持ちで挑む

この2つが本当に大切!相性の悪い担当者のまま我慢して使い続けると

「無駄に時間がかかるうえに失敗する可能性もアップ…」

メリットは一つもありません。

自分と相性がいい担当者に出会うためにもまずは複数登録しておくこと。
複数登録するのは面倒なのも間違いないですが、ここの手間を惜しまないように。

「相性の良い担当者に出会えるかどうか」が今後の転職活動の成功のカギです。

ピリカさん
ピリカさん

「この人になら任せられる!」担当者に無事出会えたら…
後は一点集中でOKです。

初回の面談を大切に

転職エージェントの初回面談はどんな理由があっても絶対に行うこと!

担当者との相性を知る唯一の機会。積極的にどんどん自分のことを話しましょう。

私も実際転職エージェントを利用していた時、以下のことを初回面談で話しました。

  • 職種、業界の希望
  • 転職で実現したいこと
  • 仕事で大切にしたいこと
  • 絶対に避けたい職種や状況
  • 過去にやりこんだことや前職での実績

基本的にキャリアアドバイザーからの質問に答えていけば良いのですが

なるべく自分から積極的に話しに行く方が転職への強い意志も伝わりより良いです。

ゆう
ゆう

「30代」は20代と比べ転職へのハードルは高いです。

スキルや実績、経験に『熱意』をプラスして少しでも差を埋めるイメージを持てればなおOK!

  • 自分の転職軸
  • 絶対避けたい職種
  • 希望する職種・業界
  • 給料額の最低ライン

自分ひとりで考えているだけでは意外とまとまらないのがこの4つ。

面談で声に出して話すことで整理されていくので、今後の転職活動への土台を固めることもできます。

今後紹介してくれる求人と自分の希望のミスマッチも回避でき、転職の成功率がアップします。

ピリカさん
ピリカさん

2021年6月現在も対面よりも電話やオンライン面談が多くなっていますが、考え方は全く一緒です。

「今すぐ転職できる」と伝え、転職への意思をアピール

あなたがもし無職でも在職中であっても、担当キャリアアドバイザーへは

「今すぐ転職したい・今すぐ転職できる」旨を伝えること。

緊急性をアピールすることで、今後担当者が優先的に対応してくれる可能性が高まります。

というのも、転職エージェントは企業に求職者を紹介して入社させることで紹介料を得て収益化しているため

「すぐに求人を紹介できる人」なら優先的に対応したい!となるから。

反対に今すぐ転職したい旨をしっかり伝えないと、対応を後回しにされたり求人を紹介してもらえなくなる危険性も。

ピリカさん
ピリカさん

最悪サービス打ち切りなんてこともあるみたいですね…。

キャリアアドバイザーにしっかり仕事をしてもらうためにも、転職への意志は積極的に伝えましょう。

ゆう
ゆう

在職中であっても、無事に転職先が見つかれば大手を振って退職できるので心配はいらないよ!

>>『【後腐れ・損なく退職!】会社を辞めるその前に考えるポイント・事前準備5選!』

>>『退職代行おすすめ5選【失敗しない基準を退職経験者が徹底レビュー】』

担当者とこまめにコミュニケーションを取る

優先して求人を紹介してもらうためにも、キャリアアドバイザーとはこまめにコミュニケーションを。

コミュニケーションを取るためのポイントはこの3点。

  • メールは即レス・電話も可能な限り出る
  • ちょっとした疑問点でもメールやLINEなどで気軽に相談
  • 自発的に選考対策をお願いしたり推薦書を見せてもらうなど行動する
ゆう
ゆう

私は選考の方針や紹介された求人に少しでも疑問を感じた時点でメールやLINEを送って確認するようにしてたよ!

しつこいようだけど、30代の転職に無駄な時間はかけられません。

転職エージェントをどんどん活用しましょう。

紹介された求人は自分でも調べる

それでも、転職エージェントの紹介・求人票の中身だけ鵜呑みにしてしまうのは危険です。

企業が転職エージェントに提出する求人票と実態に大きなギャップがあるのは意外とよくあるから。

もちろん、ブラック企業が入り込まないように転職エージェント側でも対策はしっかりしていますが…100%排除できていないのが現実です。

ゆう
ゆう

だからこそ、企業口コミサイトの併用はマストだよ!

企業口コミサイトを活用することで「元社員・現社員の口コミ」が網羅可能。
『求人票には書かれていない会社の実態』を知ることができます。

担当者の紹介を全て鵜呑みにするだけではなく、口コミサイトで確認しておくことがブラック求人を回避できる最大かつ唯一の方法です。

ゆう
ゆう

自分で調べた上で疑問点があったら担当者にどんどん訊こう!

後ろめたいことがなければちゃんと教えてくれるよ。

ピリカさん
ピリカさん

反対に口ごもられてしまうような求人はちょっと…なので、紹介されたとしてもお断りしても大丈夫です。

30代の転職は…失敗してしまった時の立て直しが本当に大変です。

入社後に後悔しないためにも、企業口コミサイトやSNS・5chなど客観的に調べてから応募する癖をつけましょう!

30代の転職は転職エージェントを使い倒して効率的に:まとめ

30代 転職 成功
ゆう
ゆう

お疲れ様でした!

今回の記事で特に伝えたいことは以下です。

転職エージェントを効果的に使いこなす方法・5選
  • 最初は複数社登録する(2~3社ほど)
  • 初回の面談を大切に
  • 「今すぐ転職できる」と伝え、転職への意思をアピール
  • 担当者とこまめにコミュニケーションを取る
  • 紹介された求人は自分でも調べる

転職エージェントの使いこなし方をしっかり把握できたら、

以下2つのエージェントに登録して、早速転職活動を始めましょう!

登録必須!転職エージェント・2選

自分の状況や必要に応じて、以下のサービスも併用するとより効率と成功率UP。

必要に応じて併用も!転職エージェント・サービス
  • リクナビNEXT|転職サイトはこれ一択!求人数・探しやすさ◎
  • DYM就職|完全無職・正社員職歴ゼロでもOK(35歳まで)
  • POSIWILL CAREER|自己分析・選考対策に超特化で転職成功へ

あなたの転職成功を心よりお祈りしています!

コメント

  1. […] 転職エージェント・サイト […]

  2. […] 転職エージェント・サイト […]

  3. […] 転職エージェント・サイト […]

  4. […] 転職エージェント・サイト […]

  5. […] 転職エージェント・サイト […]

  6. […] 転職エージェント・サイト […]

  7. […] 転職エージェント・サイト […]

タイトルとURLをコピーしました