【使って間違いなし】リクナビNEXTの特徴・評判・活用法を解説します!

リクナビNEXTアイキャッチ 30代からの転職成功術
転職に悩めるマン
転職に悩めるマン

転職サイト、種類がたくさんあり過ぎてどれを使えば良いかわかんない…。

転職成功させたいウーマン
転職成功させたいウーマン

転職に失敗したくない!転職サイトを使いこなすコツがあるなら、ぜひ知りたい!

こんな疑問・悩みを解消します!

「転職サイト」は数多くありますが、『リクナビNEXT』を使っておけば間違いないです。

なぜなら『リクナビNEXT』

  • 業界最大手の転職サイトで、掲載求人数も断トツ
  • 20代~50代まで、幅広い年代に向けた求人がある
  • 検索機能がわかりやすく、自分に合った企業を探しやすい
  • 自己分析ツールが便利で、自己PRや面接対策にも◎
  • 転職ノウハウも学べて、書類テンプレートも完備

こんな特徴を備えた転職サイトだからです。

私は2回転職活動をしており、2回目で『リクナビNEXT』を活用し、無事「自分の希望に合った企業」から内定をいただくことができました!

記事の内容
  • 『リクナビNEXT』とは
  • 『リクナビNEXT』の強み
  • 『リクナビNEXT』の評判・口コミ
  • 『リクナビNEXT』のメリット・デメリット
  • 『リクナビNEXT』の活用法【元ユーザーからの提案】
ゆう
ゆう

「30代」「希望職種に役立つスキルなし」「未経験職種を希望」と…

なかなかに厳しい状況だったけど、無事に転職成功できたよ!

この記事を最後まで読んでいただくと『リクナビNEXT』の特徴やメリット・デメリットはもちろん

「転職活動を効率的に進めつつ、自分にピッタリな企業に出会う」ための活用法がわかります。

ピリカさん
ピリカさん

『リクナビNEXT』元ユーザーの著者による

「実体験に基づいた」活用法をあなたに提案します。

転職活動の第一歩 とりあえず登録しておこう!!
スポンサーリンク

リクナビNEXTとは

リクナビネクスト公式
引用元:『リクナビNEXT』公式サイト

『リクナビNEXT』とはリクルートキャリアが運営する業界最大手の「転職サイト」

ゆう
ゆう

『リクナビNEXT』に掲載されている求人数は、なんと約40,000件!

数多くの求人情報から「自分に合っている企業」を検索・応募ができるサイトです。

『リクナビNEXT』のような「転職サイト(求人情報サイト)」は

  • 求人検索
  • 応募書類作成(履歴書・職務経歴書)、求人に応募
  • 選考対策(面接対策・自己分析、PRなど…)

上記3点も含め全て自分で行う必要があります。

同じリクルートキャリアが運営する『リクルートエージェント』とは違いますので、あらかじめ確認しておきましょう。

転職サイトと転職エージェントの違い

リクナビネクスト公式1
引用元:『リクルートエージェント』公式サイト

「転職サイト(求人情報サイト)」と「転職エージェント」の大きな違いは…

●書類作成や選考対策、日程調整などのサポートはなし

●ネット上で公開されている求人に応募するためライバルが多い

ピリカさん
ピリカさん

『リクナビNEXT』『リクルートエージェント』に限らず、

多くの「転職サイト」「転職エージェント」に共通しているポイントです。

ゆう
ゆう

「転職サイト」は、自分のペースで転職活動を進めていきたい人向け。

「転職エージェント」は自分だけでは不安だけど、サポートがあればより頑張っていける人向け!

特徴が全然違うから、自分に合っているサービスを選べばOKだよ。

ちなみに私は『リクルートエージェント』も活用していましたが、便利な「転職エージェント」でしたよ!

  • 非公開求人数が圧倒的に多い(掲載数は10万件超え!)
  • 独自アプリが便利で検索、応募しやすい
  • などなど…

詳細は『リクルートエージェントは使えない?元ユーザーが徹底解説【使いこなせば最強】』にまとめています。

非公開求人数は驚異の10万件超え!転職実績も業界トップ!

リクナビNEXT 会社概要

『リクナビNEXT』の運営会社「リクルートキャリア」概要はこちらです。

運営会社株式会社 リクルートキャリア
設立1977年11月28日
(商号変更2012年10月1日)
本社所在地東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー
※登記上本社 東京都中央区銀座8-4-17
代表電話03-3516-1234
※電話内容については、正確を期すため録音させていただいております。
URLhttps://www.recruitcareer.co.jp/
主な事業内容社員募集領域における人材採用広告事業/斡旋事業

引用元:『リクルートキャリア|企業情報|会社概要』

ゆう
ゆう

「リクルート」は、もはや「人材広告事業会社の代名詞」と言える存在だね!

そんな「人材広告事業会社の老舗」が運営する「転職サイト」が『リクナビNEXT』です。

リクナビNEXTの強みはこれだ!

楽しい

『リクナビNEXT』の強みはこの5ポイント!

『リクナビNEXT』 5つの強み
  • 圧倒的求人数
  • 検索機能が使いやすい
  • 履歴書・職務経歴書テンプレート付き
  • スカウト機能が便利
  • グッドポイント診断

圧倒的求人数

リクナビネクスト公式2
引用元:『リクナビNEXT』公式サイト

『リクナビNEXT』に掲載されている求人数は…全部で42,628件!

(※求人数データは公式サイト参照。2020年7月17日現在)

転職サイト掲載求人総数
『リクナビNEXT』42,628件
『マイナビ転職』9,806件
『@type』1,815件
ゆう
ゆう

他社の「総合型転職サイト」と比べると、求人数の多さがよくわかる!

シンプルに「掲載求人数が多い=選択肢が多い」ことになるので、

「転職サイト」を選ぶ大きな指標になりますね。

検索機能が使いやすい

リクナビネクスト公式3
引用元:『リクナビNEXT』公式サイト

『リクナビNEXT』求人検索機能が使いやすいです!

「希望する業界・職種・勤務地・給料」からの絞り込みはもちろん、

「働き方・休日数・福利厚生」…など『自分のこだわり』から選ぶこともできます。

リクナビネクスト公式4
引用元:『リクナビNEXT』公式サイト

「女性が働きやすい」「U・Iターン特集」など、『リクナビNEXT』独自の特集ページも便利。

ピリカさん
ピリカさん

新型コロナウィルス(COVID-19)流行の背景から

  • 在宅勤務可能
  • リモート面接可能

…こんな条件でも検索できるようになりました。

ゆう
ゆう

自分の希望職種・時代に合わせた働き方に合わせて探しやすいのは魅力だね!

履歴書・職務経歴書テンプレート付き

リクナビネクスト公式5
引用元:『リクナビNEXT』公式サイト

『リクナビNEXT』には「履歴書・職務経歴書」をすぐに作れるテンプレートがあります。

通常「履歴書・職務経歴書」を全て自分で用意するのは本当に大変なんですが、

『リクナビNEXT』ではテンプレートに沿って入力していくだけで「応募書類としてすぐ使える書類」が完成。

リクナビネクスト公式6
引用元:『リクナビNEXT』公式サイト

職務経歴書テンプレートは、それぞれの書式に合わせて種類も揃っています。

ピリカさん
ピリカさん

「履歴書・職務経歴書」は転職活動の準備の中でかなり大変なのですが、

入力するだけですぐできるテンプレートがあると本当に助かりますね。

スカウト機能が便利

『リクナビNEXT』 には「スカウト機能」があります。

「スカウト機能」をONにしておくだけで、企業や『リクナビNEXT』と提携している転職エージェントからのスカウトメールが届きます。

自分で検索するだけでなく、多角的に転職先を探すことができるので便利。

「スカウト」には大きく2つの種類があります。

  • 企業からの直接スカウト(書類選考免除・面接確約案件も)
  • 『リクナビNEXT』と提携中・転職エージェントからのスカウト

企業からのスカウトの場合は、直接応募することになります。

提携転職エージェントからのスカウトの場合、エージェントのサポートを受けながら進めることができます。

「スカウト機能」を上手く活用するためには、登録画面を充実させましょう。

「スカウト機能」フル活用のために必要な項目 4つ
  • キャリアシート(履歴書のようなもの)
  • 職務経歴欄
  • 自己PR欄
  • 保有資格・スキル

特にこの4つを『綿密に』『偽りなく隠さず』入力すればするほど、スカウト率が上がります!

ゆう
ゆう

自分が以前勤めていた会社からスカウトが来たり、

情報を見られてしまうのが嫌な場合は「ブロック機能」を使おうね。

グッドポイント診断

『リクナビNEXT』「グッドポイント診断」は自己分析ツールとして使える!と評判です。

質問数が多く、時間も30分前後かかってしまうけど、その分精度の高い結果が出てきます。

自分では気づかない「長所」や「短所だと思い込んでいたポイント」を「長所」として見直すことができるので、自己肯定感が高まる効果も。

自己分析ツールとしてはもちろん、自己PRを考える参考になるので面接対策にも役立ちますよ。

グッドポイント診断
引用元: 『リクナビNEXT』|グッドポイント診断
ゆう
ゆう

結果画面はこんな感じ!

人によって全然違うけど私の場合はこの5つが強み!

  • 現実思考
  • 親密性
  • 受容力
  • 感受性
  • バランス

やってみるとわかるんだけど、案外当たっててすごい。

「転職の準備」にも便利に使える転職サイト

リクナビNEXTってどうなの?評判・口コミ

悩みイメージ

『リクナビNEXT』実際に使った方の評判・口コミを一部紹介します。

「自分に合っているかどうか」を判断するポイントとして有用なのは、やっぱりユーザーの声!

ピリカさん
ピリカさん

良い評判、悪い評判をそれぞれしっかり確認して『リクナビNEXT』を徹底活用しましょう。

悪い評判・口コミ

『リクナビNEXT』の悪い評判・口コミはこちら。

機械メーカーへの転職を考えていたのですが、他の転職サイトよりも大手企業の求人数が多い印象でした。

(中略)

私は今の会社へはスカウトサービスを利用して転職しました。スカウトのメールの多さには嫌気がさしましたが最終的に転職できましたし、まあ満足しています。

求人量と情報量は多い

(中略)

しかし、条件をそれなりに絞っても、ヒットする求人情報がかなり多く、選別に手間取ることもありました。

また、自らのキャリアを登録してスカウトメールを受けることも可能ですが、企業側が大まかな検索条件でヒットした対象者のほとんどにスカウトメールを送信しているようなきらいがあり

定型文的なスカウトメールも多くありましたが、中には内容をちゃんと精査している企業もあります。

しかし、多くのスカウトメールが届くため、そのような貴重なメールが埋もれてしまうこともあり、豊富な情報量が弊害となっているような気もしていました。

引用元:『みんなの評判|リクナビNEXT』

ゆう
ゆう

『リクナビNEXT』の「悪い評判・口コミ」で多かったのは

  • スカウトメールが多すぎて大変
  • かなりの量の求人から探すのがちょっと大変

「求人数の多さ」が逆に『探すのが大変…』となってしまっているかもしれないね…。

良い評判・口コミ

『リクナビNEXT』の良い評判・口コミはこちら。

便利なスカウト機能

転職活動をするなら、安心の大手転職サイトがいいと思っていました。実際に活動してみて、ここなら私に合う会社がきっと見つかるはず、と期待ももてました。

登録した後はかなりの数の求人をみることができ、どの求人も職種ごとに細かに分類され、見つけやすかったです。

特に私が便利に感じたのは「スカウト機能」です。職務履歴書等の情報を登録することで、企業採用担当者からも探してもらえるサービスです。

私は資格や今までの実績を色々登録したのですが、そこに目をつけてオファーしてくれる企業と出会えました。

最終的にはスムーズに納得のいく転職活動をすることができました。

スムーズに企業を探すことが出来ました!

(中略)

マイページで自分の情報を書き込んでいくうちに、自分の要望や避けたいことなと色々な要素が整理できていったので、それだけでもよかったと思いました。

とてもたくさんの企業数が掲載されていますが、様々な要件で絞り込んでいけるので、比較的スムーズに企業を探して検討しやすかったと思います。

その他にもコラムなど役立つ情報がたくさん掲載されており役立ちました。

自分の志向で会社を選べました。

求人内容を単純に業種別に分けているだけでなく「女性の転職」や「第二新卒」といった分類もあり、自分の境遇に合った形態で検索することができました。

なかには「東京オリンピック関連」や「二大港都市(横浜・神戸)」などの求人特集もありました。

私は業種の垣根を超えて自分に合った会社に転職したかったので、とても検索しやすかったです。

おかげでワークライフバランスを実現している企業に転職することができました。

引用元:『みんなの評判|リクナビNEXT』

ピリカさん
ピリカさん

『リクナビNEXT』の「良い評判・口コミ」で多かったのは

  • 検索機能が便利で「自分の志向に合った求人」を探せる
  • スカウト機能も活用して納得のいく転職ができた

『リクナビNEXT』は「探しやすさ」を重視したサイト設計になっているので、ユーザーにとっても強いメリットになっているようです。

評判・口コミまとめ

『リクナビNEXT』 評判・口コミまとめ
  • スカウトメールが多すぎると感じることも
  • 求人数が多すぎて絞り込み切れないことも
  • 大手企業の求人が他社転職サイトよりも多い
  • 転職のノウハウもたっぷりあり勉強になった
  • 「検索機能」「スカウト機能」を活用すれば探しやすい
ゆう
ゆう

『リクナビNEXT』の評判・口コミをまとめました!

「自分に合った転職サイト」かどうかの判断基準に役立ててみてね!

リクナビNEXT メリット・デメリット

事務員イメージ

『リクナビNEXT』のメリット・デメリットはこちらです。

どんなサービスにも良いところ、悪いところがありますので、使う前に確認をしておきましょう。

デメリット

『リクナビNEXT』 デメリット3点
  • スカウトメールが多すぎてうっとうしいと感じることも
  • 書類添削・面接対策・日程調整・年収交渉などは自分で行う必要がある
  • 求人票と実態が違う場合もまれにある(ブラック求人の存在)

スカウトメールが多すぎてうっとうしいと感じることも

実際私が使っていた時も、スカウトメールが多く来ていました。

自分の希望に合わない企業のスカウトメールばかりが連発すると、確かにうっとうしいとは感じちゃいますね…。

だからといって、スカウトメールを全てスルーしてしまうのは「スカウト機能」の意味がありません。

自分にピッタリな企業からのスカウトを見逃さないために

「週に一度~二度だけスカウトメールをチェックする」などマイルールを設けるなどで

一度は全てのスカウトメールに目を通すようにしておきましょう。

ゆう
ゆう

私は『リクナビNEXT』を使っていた時、スマホのメール通知をオフにしていました!

その代わり、2~3日に一度は必ず届いたメールを全てチェックしていました。

ピリカさん
ピリカさん

『リクナビNEXT』から来るメールは、通常使うメールアドレスとは別のアドレスに設定しておくとより良いです。

例えばGMailやYahoo!メールのようなフリーメールなど。

スカウトメールはダイレクトメールと同程度に考えておき、過度に頼り切らないことも大切です。

書類添削・面接対策・日程調整・年収交渉などは自分で行う必要がある

応募書類添削・面接対策など希望する場合は「転職エージェント」を使いましょう。

『リクナビNEXT』は登録時に『リクルートエージェント』も同時登録可能。

『リクルートエージェント』は非公開求人数・転職成功実績ともに業界トップクラス。

『リクナビNEXT』との併用に最適な転職エージェントです!

ゆう
ゆう

転職活動をより効率的に進め、なおかつ自分に合った企業に出会えるためには…「転職サイト」と「転職エージェント」を併用するのが最適!

私も2回目の転職活動では「転職サイト」と「転職エージェント」を併用して、今の職場の内定をいただくことができました。

『転職エージェントと転職サイト・併用が最強だった!?【30代からの転職】』に効果的な併用法をまとめています。

『リクナビNEXT』と相性抜群の「転職エージェント」

求人票と実態が違う場合も(ブラック求人の存在)

『リクナビNEXT』は登録求人数が多いため、いわゆる「ブラック求人」が紛れている可能性は残念ながらあります。

これは『リクナビNEXT』に限らず多くの求人サイトでありえること。

「ブラック求人」に当たらないための対策法は以下2点です。

  • 求人票をしっかりと確認する
  • 会社の口コミサイトも確認する
ゆう
ゆう

求人票と口コミサイトは、応募する前に必ずチェックしてね!必ず。

たまに「求人票の内容と口コミが全然違う」ことがあるから…。

「転職先がブラック企業だった!」なんて目も当てられない結果にはなって欲しくないから…。

メリット

『リクナビNEXT』 メリット3点
  • 求人数が圧倒的に多く、転職先の選択肢が広い
  • グッドポイント診断が本当に便利
  • リクナビネクストジャーナル(転職ノウハウをまとめたサイト)が便利

求人数が圧倒的に多く、転職先の選択肢が広い

リクナビネクスト公式8
引用元:『リクナビNEXT』公式サイト

『リクナビNEXT』検索機能が充実していて、幅広く求人を探せます。

リクナビネクスト公式9
引用元:『リクナビNEXT』公式サイト
リクナビネクスト公式10
引用元:『リクナビNEXT』公式サイト

「勤務地・給料・職種」はもちろん「自分のこだわり」からも徹底的に絞りこめるので、自分に合った企業に出会える確率は高め。

更に「スカウト機能」も活用すれば、多角的に企業を探すことも可能。

ゆう
ゆう

思いもよらない大手企業からのスカウトもあるかも?!

圧倒的求人数から「自分にピッタリな企業」を探すためには、検索機能とスカウト機能を上手く使いこなすことがカギです。

グッドポイント診断が本当に便利

所要時間が約30分と少々長いですが、その内容は無料とは思えないほど本格的。社交性、現実思考、決断力、柔軟性など18種類の特性から、自分の強みを見つけられます。

企業への応募時に、診断結果を添付することも可能。自分の強みをスムーズにアピールできますよ。(中略)

その精度の高さが評判を呼び、有料の才能診断ツールの定番「ストレングスファインダー」の代わりに活用している人もいるようです。

引用元:『「リクナビNEXT」の評判を“転職のプロ”が判定。求人数と使い勝手は群を抜いてる!?』

有料の自己診断ツールにもひけをとらない精度の高さが評判の「グッドポイント診断」

5つのポイントに分かれた「客観的な長所」がわかるのが特徴。

企業の求める人物像に自分の長所が当てはまるかどうかを見れば、ミスマッチも回避しつつ選考通過率を高める…なんていう使い方も。

『リクナビNEXT』を使うなら絶対に使うべきサービスと言えますね。

リクナビNEXTジャーナル(転職ノウハウをまとめたサイト)が便利

『リクナビNEXT』サイト内の「リクナビNEXTジャーナル」には、転職のノウハウがたくさん掲載されています。

今すぐに転職する気がない人でも「転職の準備」に有用なサイトです。

ピリカさん
ピリカさん

転職ノウハウを見るだけだったら、会員登録しなくてもOKです。

転職したい気持ちが固まったら、会員登録して求人を検索してみましょう!

今すぐ転職する気がなくてもOK!情報収集にも便利なサイト

リクナビNEXT 使いこなすポイントを元ユーザーが提案

紹介イメージ

『リクナビNEXT』登録~求人検索・応募に至るまで「全て無料」

ここからは『リクナビNEXT』で転職先を決めた私が「使いこなすポイント」を提案します。

『リクナビNEXT』 使いこなすポイント3つ
  • 「スカウト機能」を使いこなす
  • 「気になる機能」を使いこなす
  • ブラック求人を回避するためにすること
ゆう
ゆう

特別なことはまったくしてないので、誰でも真似できるよ!

スカウト機能を使いこなす

転職活動を効率化させるために、企業や提携転職エージェントからのスカウトも活用しました。

登録時に「スカウト機能」を忘れずにONにしておきましょう。

  • キャリアシート(履歴書のようなもの)
  • 職務経歴欄
  • 自己PR欄
  • 保有資格・スキル

上記4ポイントの情報を「限界まで入力しきる」のがコツです。やるかやらないかでスカウト率が大幅に違ってきます。

リクナビネクスト公式11
引用元:『リクナビNEXT』公式サイト
ゆう
ゆう

企業、転職エージェントから「興味を持ってもらえる」ように!

自分の情報は限界まで入力しましょう。

ブロック機能は必須!

「ブロック機能」とは「スカウト機能」を使ってみたいけど、前の会社に自分のデータを見られたくない時に使う機能のこと。

任意の企業名を登録すると、ブロックできます。

ピリカさん
ピリカさん

著者は前の職場をブロックしていました。

「自分の個人情報などが前の会社に知られることがない」ので

安心して転職活動ができます。

気になる機能を使いこなす

『リクナビNEXT』「気になる機能」とは、言葉通り「気になる」企業をブックマークする機能。

Twitter、FacebookなどSNSの「いいね!」機能に近いです。

自分側の「気になる」と企業側からの「気になる」があります。

「これは良い!」と感じた企業は、どんどん「気になる」リストに入れましょう。企業側から「気になる」返しもよくあります。

ゆう
ゆう

これは私の体感ですが、自分と相手がお互い「気になる」状態の企業は書類選考通過率が高かったです。

ブラック求人を回避するために

『リクナビNEXT』のような大手の「転職サイト」であっても、求人票にかかれている内容と実態が違う企業…

いわゆる「ブラック求人」はゼロではありません。

これはどこの「転職サイト」でも状況は全く同じなので、求職者側でもしっかり確認する必要があることを忘れないでください。

求人票の内容だけを鵜呑みにせず企業口コミサイト、匿名掲示板など…情報を見比べることが大切です。

求人票と見比べると便利!企業口コミサイト3選
ピリカさん
ピリカさん

転職活動を成功させるには、冷静に情報を見極めるスキルも必要ですね。

リクナビNEXTは「転職に興味を持ったら」まず登録したい転職サイト!

スーツ女子

最後まで読んでくださって、ありがとうございます!

『リクナビNEXT』は、求人を検索して応募するだけでなく、こんな便利機能も備えています。

  • 転職のノウハウを学ぶ
  • 履歴書・職務経歴書を効率的に作成する
  • 企業スカウト機能を活用して自分の市場価値を確認
  • グッドポイント診断で自分の長所を知り肯定感を高める

『リクナビNEXT』「今すぐ転職したい人」はもちろん「転職に興味があるだけの人」でも登録しておいて間違いない「転職サイト」です。

ゆう
ゆう

読んでくれたあなたの転職活動が、大成功しますように!

登録・使用は完全無料!転職活動のパートナーに最適

コメント

  1. […] 【使って間違いなし】リクナビNEXTの特徴・評判・活用法を解説します! […]

タイトルとURLをコピーしました