仕事でポカミス連発して辛い…そんな時やるべきこと7つ

ポカミスつらいアイキャッチ じぶん働き方改革

『今日も仕事でミスしちゃった…気をつけているつもりなんだけど何でミスしちゃうんだろう』

『ポカミスばっかりしちゃう自分が嫌になる!いい加減どうにかしないと会社での評価下がっちゃうかも…』

ゆう
ゆう

上司から「慌ててミスしないでね」って注意されたばっかりなのにその翌日にポカミスして会社の人に迷惑をかけちゃったのはこの私さ…

毎日お仕事頑張っている皆さん、こんな悩みありませんか?

転職して半年、仕事にも慣れてきたと同時にミスも目立つようになってきて

「このままではだめだ!」…焦りと不安が出てきた私(30代女性)が真剣に対策など考えました!

今回は「仕事でポカミスを連発してしまって辛い…」あなたへの記事です。

最後まで読んでいただくとわかること
  • 仕事でポカミスを連発してしまう理由
  • 仕事でポカミスをしないために取るべき行動
  • 仕事でポカミスが続いて辛くなった時の気持ちの切り替え方
スポンサーリンク

仕事でポカミス連発して辛い…そんな時やるべきこと7つ

困るイメージ

仕事でポカミス(ちょっとしたミス)をすることは誰にでもあります。人間ですし…

ただこれが何度も…となってしまうと話は変わってきます。

ミスをしてしまった側は「またやっちゃった…」「何で同じようなミスしちゃうの?!」と自分を責めてしまうでしょうし、

ミスをされた側からは「またお前か」「もういい加減にして欲しい」と不信感を抱かれてしまい、評価が悪くなってしまい最悪の場合『もう来なくていいよ』…な可能性も出てきます。

どちらにしても辛い状況です。

ゆう
ゆう

一回ミスっただけなら「やっちゃったな」ぐらいで済むんだけど、二回三回となると本当に辛くなってくる。大袈裟だけど「生きててすみません」レベルで落ち込むこともあるなぁ…

ピリカさん
ピリカさん

何回も同じようなミスをしてしまうと周りからの目も怖く見えて余計に辛いですよね

ゆう
ゆう

ポカミス連発してしまいがちな自分との付き合い方と改善法とも言えるね!

ミスをしてしまったことをしっかり受け入れる

土下座イメージ

『自分のミスを受け入れること』って意外とできているようでできていないんです。

それはなぜか…ミスをしてしまったことへの罪悪感に耐えられず、自己防衛本能が働いてしまうからです。

仕事でポカミスを連発してしまう状況で何が起きるのか…

「ミスをしてしまった自分への罪悪感」「自責の念」で頭がいっぱいになります。

罪悪感や自責の念のようなネガティブ感情がいつまでも残っていると辛くなるので

「つい回避行動をとってしまう」んですね。例えばこんな風に…

●●さんが途中で話しかけたりなんてするから集中が切れてチェック漏れただけで元々は僕のせいじゃない!

私は普段は絶対こんなミスなんてしないし、何かの間違いよ!

……その日は忙しくて仕方なかったのよ!!

『自分がしたはずのミス』を他人や環境のせいにして言い訳してしまう、なんていうこと…よくありますよね?

確かに誰かのせいにしたくなったり、忙しい環境のせいにしたくなる気持ちはよーくわかります。ですが、一旦考えてみてください。

●もし本当に誰かや環境のせいなら、同じ状況に置かれている人は全員同じミスをしているはず

ですよね?実際はどうでしょう。恐らく他の人も同じミスをしている状況ってほとんどないですよね。

『自分のミスは自分だけのもの』です。事実を受け入れて認めることが改善への第一歩です。

ゆう
ゆう

そうは言いましたが、私もミスしちゃうと反射的に「いや違うんだよこれは!」…から入っちゃいがちなのは間違いないです。

そこをぐっとこらえてまずはミスをしてしまったら『ミスをした自分を受け入れて認めましょう』

ピリカさん
ピリカさん

お仕事でも何でも、一番最初に行うことは『現状把握』です。

今の自分の状況、立ち位置を把握できれば『次に何をすべきか』がおのずと見えてきます。

ミスの原因を二つの視点で考える

『ミスをした自分』を受け入れ認めることができたら次はミスの原因について考えましょう。

ミスをしてしまった原因は二つの視点で考えることが出来ます。

仕事のミスの原因で考えるべき二つの視点
  • 『外的要因』…職場の環境・時間・業務量
  • 『内的要因』…自分の体調・精神状態など

外的要因とは、職場の環境(自分のポジション、どんな仕事を任されているか、職場内の人間関係など)や時間(勤務時間)と業務量などです。人によって全く違ってきます。

例えば私の場合はこう考えられます。

「春先に忙しくなる業種の事務員で、同僚や先輩社員と協力関係が比較的取りやすい環境。8時間のフルタイムで週明けが一番忙しい状況」

今の時期(2020年3月)は忙しく、通常の業務だけでなくイレギュラーな仕事も回ってくることがしばしばあります。

時間に追われながらも確認作業などは漏れなく行う必要があります。

ゆう
ゆう

…と、自分の業務や置かれている立場を文字にすると余計に見えてきますね。

うーん…気を付けていないとミスが起きやすい環境かもしれない。

…と、このように『自分の置かれている状況がミスしやすい環境かどうか』を見ることができます。

内的要因はシンプルです。『その時の自分の体調や精神状態がどうなのか』それだけです。

もしも今『体調が優れなければ』『ストレスが溜まっている状況』だったらどうでしょうか?

…通常の自分よりもミスが起きやすい状況ですよね。

『外的要因』『内的要因』の二つの視点で考えることで、ミスの原因が見つかりやすくなります。

ミスをしやすい状況を取り除く

ミスの原因について考えることができたら次に行うことは『ミスをしやすい状況を取り除く』ことです。

具体的にはどうやって取り除くのか。5つのポイントで行ってみてください!

ミスをしやすい状況を取り除くポイント
  • 体調を万全に整える(十分な食事・睡眠をとり疲れを残さない)
  • ストレスを溜めない(発散できる環境を作る)
  • 仕事中は休憩を適切にはさみながら、集中を切らさないように
  • デスクなど仕事をする環境は整理整頓でごちゃごちゃさせないよう(最重要)
  • 業務中に少しでも疑問に思った時は一旦止まる(重要)
ピリカさん
ピリカさん

1つめと2つめは『内的要因』の体調とメンタルを整えることですね。当たり前なことかもしれませんが、再度意識して行ってみましょう。

睡眠時間は最低でも6時間以上は確保できるのが理想です。

ストレスを発散できる環境は人によって違いますが、趣味や好きなことを全力で行える環境を作りたいですね。…著者のおすすめは筋トレだそうです。

ゆう
ゆう

3つめ~5つめは『外的要因』の職場の環境や自分の仕事の取組み方で『ミスをしやすい状況』を取り除く方法です。

3.集中が切れてしまったらうっかりミスが出やすくなります。

4.自分が仕事をする環境がごちゃごちゃしていたら書類を失くしてしまったり「無駄なタイムロス」が起きることの焦りからミスが出やすくなります。

5.仕事中に疑問や気になることを「まぁいいや」と放置して進めていませんか?のちにこの「?」が大きなミスにつながってくる場合もあります。

睡眠こそ最強の解決策である | マシュー・ウォーカー, Matthew Walker |本 | 通販 | Amazon
Amazonでマシュー・ウォーカー, Matthew Walkerの睡眠こそ最強の解決策である。アマゾンならポイント還元本が多数。マシュー・ウォーカー, Matthew Walker作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また睡眠こそ最強の解決策であるもアマゾン配送商品なら通常配送無料。

仕事の種類によって取り組み方を変える

『マルチタスク』と『シングルタスク』という言葉があります。

『マルチタスク』

マルチタスクとは、複数の作業を同時にもしくは短期間に並行して切り替えながら実行することをいう。

『シングルタスク』

逆に、同時に一つのタスクしか実行できない方式をシングルタスクという。

引用元:Wikipedia

もともと『マルチタスク』『シングルタスク』はコンピューター用語でしたが、

仕事の取り組み方にも言い換えられるようになりました。もっとざっくり言うとこうなります。

●『マルチタスク』は色々な作業を同時進行あるいは「ながら作業」で行うこと

●『シングルタスク』は一つの作業が終わるまでは他の作業を一切はさまずに行うこと

これだけで見ると『マルチタスク』の方が効率が良いのでは?と思われがちですが、実はそうではありません。

『マルチタスク』が向いている仕事、『シングルタスク』が向いている仕事…それぞれ違います。

例えばスーパーなど店舗の販売員などは「決められた時間までに複数の作業を同時に終わらせなければいけない仕事」なため『マルチタスク』で進めることが良いとされますが、

IT関係の仕事や事務員など「小さなミスがのちに大きな損害につながるような仕事」を要求される場合は『シングルタスク』が断然向いています。

ゆう
ゆう

もともとスーパーで長年働いていたので、何事にも『マルチタスク』でこなそうとする癖がついてしまってましたが、

今の事務職には『マルチタスク』は全く向いていなく、むしろポカミスを誘発してしまうことに気づきました。

ピリカさん
ピリカさん

最近になってようやく『シングルタスク』を意識して取り組むようになりました。

電話が鳴った時や会社の人に頼まれごとをされた時以外は、今やっている仕事が終わるまでは集中して取り組んでいます。

まだまだ慣れなくて苦労しているみたいです。

自分の仕事は「どんな仕事」かで『マルチタスク』『シングルタスク』のどっちを活用するべきかを考えて取り組むと、ポカミスはどんどん減っていきます。

信頼できる人に協力を頼む

引継ぎイメージ

会社勤めなら、同じ仕事をしている同僚や先輩、後輩の方がいるかと思います。

その中で『自分が信頼できる人』がいれば、協力をお願いするのもポカミスを防ぐ良い方法です!

例えば…自分が行った仕事の「ダブルチェック」をお願いしたり、仕事の物量が多い場合は手伝ってもらえるよう声掛けを行ったり…。

ゆう
ゆう

「ミスしないように!」気を付けていても一人だけの力では限界があります。

そんな時に頼れるのが『信頼できる人』の存在です!

弊社には私と同じ仕事を任されている同僚がいるのでコミュニケーションを積極的にとりながら仕事しています。

『信頼できる人』に協力をお願いするときにはあらかじめ注意しておくべきポイントがあります。

信頼できる人に協力してもらうために 注意しておきたいポイント
  • 挨拶や礼儀など「社会人の基本的マナー」を大切に
  • 業務時は「話をしっかり聴く」「メモを取る」など『仕事に取り組む姿勢』を示す
  • 同僚や先輩後輩が困っていて協力を頼まれたら快諾する(最重要)
  • 「ありがとう」「助かりました」「お疲れ様」…感謝とねぎらいの言葉は出し惜しみしない(重要)
ピリカさん
ピリカさん

上にあげたポイントは

『仕事に真面目に、礼儀正しく、周りとの協力し合える人』であれば全て自然にできていますね。

ゆう
ゆう

逆の立場で考えてみると、

『明らかに仕事に不真面目で、挨拶もしない、自分は色々押し付けてくるくせにこっちが協力を頼むと露骨に嫌な顔をされるか断られる…』

こんな人に協力したいと思いますか?って話になるよね。私は絶対に協力したくないなぁ。

ミスなくすばやく仕事をする技術 | 成吉新一 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで成吉新一のミスなくすばやく仕事をする技術。アマゾンならポイント還元本が多数。成吉新一作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またミスなくすばやく仕事をする技術もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

ミスをしてしまうのはあなただけではない!気持ちはこう切り替える

イライラに支配されたころの私をあらわす画像

とは言っても…やっぱりミスばっかりしちゃうと落ち込むよ

ですよね…。私も再就職してから半年経ってポカミスを連発していてすごく落ち込みました。

ただいつまでも落ち込んだままでもいられません。

メンタルにも良くないですし、落ち込みを引きずったまま仕事をしていると「新たなミス」を誘発しかねません。

『ミスと落ち込みの負の連鎖』になってしまいます。そうならないようにミスをしてしまったら気持ちを切り替える必要があります。

ミスをしてしまった! 気持ちの切り替え方
  • 一人で落ち込まないように!『ミスをしてしまうのは自分だけではない』と心の中でとなえる
  • ミスをしてしまい『イラッ』としたら!「呼吸を整える」「小さな報酬を決める」など気持ちを落ち着かせる
  • 溜めこまない!+客観的意見を聴く!『同じ会社にいない友人など』信用できる人に話を聞いてもらう+アドバイスをもらえたらもらう
  • 趣味や好きなことを積極的に!発散方法をいくつか見つけておく
ゆう
ゆう

いざミスをしてしまうと『私なんて…』って落ち込んでしまうんだけど、

世界のどこかで自分と同じようなミスをしている人はたくさんいる…と思うと少し冷静になれるんですよね。

ミスをしてしまうとついかーっとなってしまいますが、まずは冷静になる。

それが『ミスをした時の気持ちの切り替え』の最大の目的です。

それでも仕事でミスが減らないなら 環境そのものを見直す

パワハラ辛いイメージ
ピリカさん
ピリカさん

ここまでで『仕事でポカミスを連発して辛くなった時に行うべきポイント』を6つお話しました。

最後の7つめのポイントですが、…できればあまり使いたくはないポイントですね。

7つめのポイントは…結論から言いますと『転職する』ことです!

ここまでで『仕事でポカミスを連発した時の対処法』を6つ書いていきました。これらは全て自分や仲間との協力でできることです。

6つのポイントを積極的に取り組んでいれば、ポカミスはどんどん減っていきます。

それでもミスが一向に減らなかったら?…環境そのものが自分に合っていない可能性が出てきます。

それでもミスが減らない?職場環境チェックポイント
  • 上司や先輩、後輩、同僚間で「ハラスメントが常態化」していないか
  • 職場内で「常に誰かが怒鳴っている」状態ではないか
  • 職場の雰囲気が「協力し合える雰囲気ではない」か
  • 質問や確認をお願いしても「自分で考えろ」「自分でやれ」と言われてしまうか
  • 職場内に「自己中心的」な人がいないか
  • 上司がいわゆる「ヤバい上司」ではないか
ゆう
ゆう

……。

さすがに全て当てはまっている会社だったら無理しすぎることはないよ。

「どうみてもブラック企業です本当にありがとうございました」状態だし、自分ではもうどうにもならないでしょこれ。

あなたが勤めている会社はどうですか?

もしも『職場の環境そのものがミスを起こしやすく、自分で改善も難しい状況』だったら…

新しい環境に目を向ける選択肢も十分にあります。無理をし過ぎる必要はありません。

当ブログでは損をしない退職の方法から転職の話まで書いていますので、併せて活用してみてください。

【人生の無駄】関わってはいけないヤバい上司5選

リベラルアーツ大学|参考にさせていただきました

当ブログおすすめの『退職代行SARABA』についてもまとめています。

仕事でポカミス連発して辛い…そんな時やるべきこと7つ  まとめ

社会人イメージ

最後まで読んでくださってありがとうございます!

『仕事でポカミスを連発して辛い…そんな時にやるべきこと7つ』で皆さんにお伝えしたいことは

  • ミスをした自分から逃げずに現状を受け止める
  • 原因を2つの視点(外的要因・内的要因)で考え、仕事の取り組み方を見直す
  • 周りに協力してもらえる空気を作る
  • 環境そのものが原因…自分で改善できない場合は離脱(退職~転職)も考える
ゆう
ゆう

毎日お仕事お疲れ様です!!

ポカミスを少しでも減らして、スムーズにストレス少なく仕事ができるようになれればいいですね!

定時で帰るための具体的方法5選【社会人歴10年以上の私が解説】
「定時で帰りたいけど帰れない」「定時で帰れる方法が知りたい」30代事務員が実際に行っている方法をご紹介します。『作業の見直し』『パソコンを使いこなす』『自分に締め切りを作る』など…一つ一つは小さなことかもしれませんが、積み上げて習慣化することで定時退勤ができるようになる。すぐに行える方法を5つまとめています!
定時で帰れない理由は明確!【社会人歴10年超の私が語る】
『定時で帰れない』…本当にそうでしょうか?結局『定時で帰れるかどうかは自分次第』です。確かに「仕事量が多い」「人材不足」「同調圧力」などなど『定時で帰れない』理由はありますが、自分次第でできることもあります。一度で良いので見直してみませんか?
活用必須のパソコン機能・ショートカットキー【現役事務員が教える】
「仕事の効率化」「時間短縮(時短)」するためにはパソコンを使いこなすためには『ショートカットキー』『機能』を覚えることが必須です!30代事務職が実際に使っている+便利な機能を余すことなく紹介しています!『パソコンを使いこなして効率化・時短したい!』…そんな方は是非♪
働き方改革は個人でできる!具体的方法を紹介します【会社に期待はNG】
「働き方改革は自分でできる!」転職を2回経験した30代女の私が実際に行った『じぶん働き方改革』の方法をまとめています!『今の仕事を分析』『効率化』『時間短縮』『転職』がポイントです。詳しくは…こちらを読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました