【社員旅行】南国の楽園 グアムに行ってきました『出発編』【海外旅行】

お出かけ日記

ゆうです。
社員旅行で行ってきたグアム旅行の話の続きをしていきたいと思います。

前回の記事「準備編」では海外旅行に行くにあたってこんな準備をしておくと安心して旅行を楽しめる…的なお話をしました。

今回は、いざ社員旅行に出発!成田空港に向かった我々にある事件が起こる…その時私たちがとった行動は!?
日本出国~現地に到着までの記録です。

ゆう
ゆう

こんなことってある!?と思いました

スポンサーリンク

まさに「出鼻を挫かれる」?!入国拒否のハプニング

夜の成田空港

本来アメリカに入国する際はビザかESTAを事前に申請する必要があるのですが、
グアムではある一定条件下においてはビザを取得しなくても入国ができます。

グアムー北マリアナ諸島連邦ビザ免除プログラム

グアムに短期商用・観光目的での渡航予定で「グアム-北マリアナ諸島連邦ビザ免除プログラム」を利用して入国する場合、ESTAの事前申請は必要ありません。
ただし、最大45日までの滞在となります。

なので、旅行会社経由で飛行機を予約するときにもビザは特に取らなかったです。

そんな感じで成田空港へ向かった我々一同。

その時のメンバーは全部で8人。部長、課長、マネージャー、営業さん2人、我々事務員3人。

空港のカウンターでチケットを手配。今のチケットシステムは進んでいて、パスポートをリーダーに読み取らせるだけで予約情報が出てきて、画面を進めていくと航空チケットと預かり荷物のラベルが出てきます。
私や他の社員の方が手続きを済ませる中、一人なかなかうまく進めることができない人が。

部長です。途中で旅行会社の人と一緒に別の場所に呼ばれていきました。

遠巻きに眺めていると、何やら少々言い争っている様子で

「この状態だと仮に入国できてもアメリカ大使館から~~」

と何やら不穏な単語も聞こえてきます。程なくして戻ってきました。
すると……。

部長「あー、俺どうやらビザがないとアメリカに入国できないみたい」
「悪いけど俺は今回の旅行は行けないから、皆だけで楽しんできてよ」

と。

!!!???

え?何で??

皆今回の旅行ではビザ免除の条件満たした上で行くんだったよね?

しかも何故私たちは大丈夫で部長だけ入国できないんでしょうか、それ以前にチケットの予約まで取れてるのに土壇場で行けないことがわかるってことも信じられなかったです。

私が内心かなり動揺しまくっているのをよそに、部長はさらにこう続けました。

「こんなことになったのは残念だけど、行けないのはしかたないから。俺はもうグアムに行ったことあるから大丈夫!じゃあ楽しんできてね!」

そして一人颯爽と成田空港を後にしました。

取り残された私たちは少しの間呆然としていましたが、マネージャーの「部長のことは残念だけど、切り替えて行かなきゃ」の一言で何とか気を取り直しました。

後から聞いた話だと、以前部長はアメリカに行った帰り?の荷物検査で引っかかり別室に呼ばれたことがあったそうです。

結果的には何ごともなく帰国できたみたいですが、アメリカ側の履歴にはしっかり残っていたみたいでマークされた?ことが考えられる原因?だったそうです。

また、国際指名手配犯と同姓同名や生年月日が一緒だったりすると疑いの目を向けられ入国を拒まれるケースもあるそうです。

ゆう
ゆう

何それこっわ…!

部長が行けなくなったとしても社員旅行そのものが中止になることはなく、決行することとなり私たち社員7人でグアムへ飛ぶこととなりました。

\(^o^)/ナンテコッタイ 食べ過ぎた(余談)

日本を出発したのは夜の9時以降でした。

夕飯を食べていなかった我々は、入国手続きを済ませた後に空港内の飲食店で食事をしてから飛行機に乗ることにしました。

時刻的、飛行時間的にに機内食は出ないだろうと踏んだためです。

たまたま行ったお店がそうだっただけかもしれませんが、空港内の飲食店は割高でした…。

ゆう
ゆう

うどん一杯で1,000円ぐらいしたよ…。

食事を済ませ、飛行機に乗ったら……何と、普通に機内食が出たんですね。

\(^o^)/ナンテコッタイ

全部食べました!←

そんなこんなで、我々を乗せた飛行機はちょっとしたハプニングもありながら何とか目的地のグアムに到着しました。

グアム一日目の様子は次回の記事に詳しく書いていきます!

ゆう
ゆう

機内で「お客様の中にお医者様か医療関係者の方はいらっしゃいませんか!?」な案内が流れて驚きました。

ピリカさん
ピリカさん

本当にこんなことが起きるんですね。

日本を発ち、グアムに着くまでの間もいろいろありました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました